最近テレビの実際にあった事件を検証する番組を見ています。
その中で悲惨な殺人事件が起こる原因としてもっとも多いのがお金に関するトラブルでした。
借金でどうにもお金が必要になって、保険金殺人に走る人、衝動的に目の前のお金ほしさに銀行強盗に走る人。
その人たちもそれまでは普通に生活して、隣近所にいてもおかしくないような人たちなので、お金って怖いなという感想を持ってしまいます。
もっと賢く借りられたらとか、もっと計画的に借りていたらとかテレビを見ながら思ってしまいます。
自分もクレカで即日入金というお金を借りたことがあります。
あの時は緊急にお金が30万ほど必要になり、手元にお金もなく貯金もほとんどなかったので必死に即日借りられるところを探してお金を貸してもらいました。
その後、利子が高かったためになかなか返せないと判断したので、今度は別の一月無利子で借りられるとか利子がすごく安いとかそういうのを必死で調べて他の会社から借りたお金で利息の高いほうを返済。
利息が低く抑えられたほうのキャッシングを数ヶ月かけて返しました。
こんな風に自分で考えて計画して返済できたとしたら、あんな悲惨な事件は起こらないのにと思うもののやはりお金にだらしない人はどうがんばっても無理なのかもしれないなとも思ってしまいました。

星新一著『できそこない博物館』(新潮文庫)を読みました。

星新一さんといえば、SFを中心に1000編以上の作品を書いた、「ショートショートの神様」と呼ばれる人ですね。

私は、中学生のとき、友人に勧められて読んだのがきっかけかな。

最初に友人が貸してくれた本は『進化した猿たち』で、収集したアメリカの一コマ漫画を分類・紹介した本だったので、ショートショートではなかったんですけどね。

さて、この『できそこない博物館』は、今まで自分の書きためた創作メモをふんだんに紹介し、それに解説を加えたもの。こんなに手の内をさらけ出しちゃっていいの? というような贅沢な気分にさせられる。

その創作メモのひとつ。

運の悪い男がいる。何をしても失敗ばかり。しかし、友人たちは折に触れ励まし続け、生活できなかったら金を集めて進呈し、たまった借金のたなあげにも協力。

「そこまで応援するなんて、ちょっと度が過ぎていませんか?」とある人が言うと、「あいつに取り付いている不運が、死んだり愛想をつかしたとしたりしたら、次はだれに取り付くかわからない。それを防ぐために、少しのお金で済むことなら、あいつのところに留まってほしいんですよ。」

つまりはある種の生贄?

でも、金欠に苦しみ、周りに頼ることもできなくて、キャッシングを即日できないとにっちもさっちも行かない、という人にとっては、うらやましいと思うハナシでしょうね。

短期間の借り入れにとどめて毎月の資金繰りに使うならとても便利なカードローンの即日融資ですが、無計画なキャッシングをしてしまう人は取り扱い注意ですよ!

今月は、洋服や宝石類を買いすぎてしまい、家計が火の車になってしまいました。
どちらかというとお金に関しては堅実派の私だと思っていたのですが、私生活でいろいろありまして、ストレスからか買い物魔になってしまったのでした。

初めは小さなものをちょこちょこ買って憂さ晴らしをしていたのですが、気づいた時には大きな額のものにも手を出し、大金を使いこむようになってしまったのです。

この癖を何とかしたいとは思っているのですが、こういうのは喫煙と同じでなかなか治るものではないみたいです。
仕方なく、使ったお金をパートしながら支払っている状態です。

即日融資のカードローンも利用したことがありますが、私が使ったのはアイフルでした。
アイフルとか、プロミスとかレイク、モビットなど色々な会社がありますが
どこも本当に簡単に貸してくれますので、逆に怖いくらいですね。

とにかくこういうところに借りたら、すぐに返さなければいけないので、これまた私にとっては大変なことになっています。

これからは買い物病を治して、きちんと計画を立ててお金を使いたいと思っています。

見栄っ張りな友人がいるんですが、お子さんが幼稚園に通い出してから見栄っ張りな性格に拍車がかかっているようです。お子さんにやたらと高いブランドの服を見せて来たり、いきなり高そうなバッグを持って来たり。

つい「旦那さん、怒ったりしないの?」と聞いたことがあるんですが「平気!私や子供のやることなんて全然分かってないんだから!」と何とも言えない返事でした。

けれども先日「相談したいことがあるの」と呼び出されました。いつも勝ち誇ったような笑顔なのに、その日はしおれたような感じ。「もしかして、お金がピンチなんじゃ・・」と思ったら、ビンゴ!カード3枚を使ってるそうで「旦那に知られたら離婚されちゃうかも!どうしたら良いんだろう!」なんて言われても・・。 

困っていたんですが、ふと「銀行カード&フリーローンおまとめで金利を減らす方法」というサイトのことを思い出しました。前に同僚から「カードをたくさん使っちゃった時にすごく役に立ったんだ!」と聞いていたんですよね。とりあえず教えてみると喜んでくれました。

しかし、なぜあそこまで見栄を張るんですかね?よっぽど自分に自信が無いのかな。これを機会にちょっとは落ち着くと良いんですが。・・難しいかな?